どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

フリーランスwebデザイナーになるには

image

フリーランスのwebデザイナーになるには特別に何か用意したり、資格を取得したりする必要はありません。
しかし、誰でもなれると言いましても仕事の依頼が来なければ意味がありませんので知識や実力を伴い、それを証明するものも必要となってきます。
全く知識のない素人同然の立場であれば、こちらから積極的に営業しても相手にされずに無駄に終わってしまいます。
そうならないためにはやはり知識を身に付けて資格を取得したり、どこかの会社に就職して実務経験をした上で独立したりする必要がでてきます。

 

基本的にフリーランスのwebデザイナーは依頼主から仕事を請け負って納品する形となりますので、よほど有名でないと営業するなりして仕事を獲得しないと、それだけで生活していくのは厳しくなります。
実績が積み重なっていき、評価されていくと営業も必要がなくなってくるかもしれませんが、誰にでもなれるフリーランスのwebデザイナーですから同じような人がたくさんいますので少しでも有利になれるよう宣伝したり、営業したり、して仕事をして評価を高めていく事は必要となってくるでしょう。

 

また最近ではwebデザイナーの資格がたくさん増加しており、それの資格を取得する事は知識や実務能力の証明でもありますから、できるのであれば取得しておいた方が間違いはないです。
特に国家資格は企業からの認知が高く、実務経験が浅い方の場合は資格を揃えておく事で仕事ができるアピールとなります。
逆に資格がなかったとしても実務経験が豊富にあり、これまでの実績を積み重ねている人であれば信用できますし任せられます。

 

フリーランスの仕事ではこのような営業も大事になってきますが、次に重要なのは経理や事務の部分です。
大半の方は複数ではなく一人で仕事をしている方ばかりだと思いますので仕事や営業といった表の部分だけではなく全てをしなければなりません。
お金の流れを把握する事はとても大事な事であり、これを疎かにしてはなりません。

 

また企業に所属しておらず個人で働いている訳ですから開業届を提出したり、銀行口座を開設したり、確定申告をしたりする事も必要となってきますので、その点も含めて全ての事を行なう事がフリーランスのwebデザイナーになるために必要な事だと言えるでしょう。
ただ仕事を依頼されるのを待っていたり、自分でしなければいけない手続きや事務作業を放置していたりしていると何もできませんので、それらの事もしなければならないと覚えておかなければなりません。