どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

フリーランスwebデザイナーの収入はどれくらい

一般的なwebデザイナーの年収というのは300-600万円程度が多いのですが、それではフリーランスの場合にはどのようになっているのかというと、これははっきり言ってピンキリなものとなっています。
ほとんど稼ぐことができずに年収が100万円以下という人も珍しくない一方で、企業に属していては稼ぐことができない一千万超えを達成している人もいます。
そのため、フリーランスの収入はどれぐらいかというとはっきりした数字はなく、人それぞれやり方次第で異なるというのが結論となります。
ある程度実績を残してコネがある状態で独立した人などは、サラリーマン時代とそれほど変わらないあるいは会社の取り分がなくなったことで収入が増えたという人も少なくありませんが、年収自体は減ってしまったという人も多くいます。

 

仕事ができてもできなくても毎月決まった給料をもらうことができるサラリーマンと違うので、やり方次第ではいくらでも稼ぐことができるのですが、逆に自然と仕事が舞い込んでくるというわけではないので仕事を取ってくる能力がなければ、全く稼ぐことができないということもあります。
能力さえあれば売上のすべてを懐に入れることができるわけですから、会社勤めではありえないほどの大金を稼ぐことができる一方で、能力がなければ一銭も稼ぐことができない世界であるため収入がどれくらいになるのかというのは、その人次第ということになるのです。
上限がないのでいくらでも稼ぐことができるというのは魅力ですが、最悪の場合には収入がゼロの可能性もあるということを理解しておく必要があります。
ただし、上限がないと言っても一定の金額を超えてくるとフリーランスとして活動をするよりも法人化をしたほうが有利になってくるため、ある程度稼ぐとフリーランスをやめるという選択肢も出てくるため、必ずしもフリーランスのまま稼ぎ続けることが有利ではないということも覚えておくと良いでしょう。

 

平均してみれば生活をすることができているwebデザイナーの大半はサラリーマン時代と収入が変わらない、あるいは少し減ってしまったという傾向が多いものとなっています。
しかし、独立して生活をしているという実感を得ることができるのと、自身の裁量で仕事をするもしないも決めることができるので手にすることができる金額だけで語ることができるものではありません。
いくら稼げるのかというのは、あくまでも独立をするときの一つの要因として考えておくのが良いでしょう。