どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

webデザイナーを副業としてやってみる

image

インターネットが私たち人間社会の間に普及して、随分と年月が経ちました。 時の流れとともにインターネットの在り方がどのように変わってきているのか、まずその点を把握することがwebデザイナーを副業とすることにおいて、とても大切なことです。登場したばかりの頃のインターネットの情報は主にテキストと画像でした。しかし回線速度の向上と、様々な圧縮技術によって、音声や実写の動画、さらにはアニメーションやゲームにいたるまで全てオンラインでカバーできるようになっています。つまりテレビコマーシャルなどで使われているような効率の高い広告が、そのままインターネット上にアップできるようになりさらにはそこにリンクを貼り付けて、すぐさま集客を見込めるという点においては、従来のマスメディアの広告効果よりもはるかに優れたツールになっているといえるでしょう。web デザイナーの仕事はテキストと画像だけだった時代と比較して、そのフィールドがずいぶん大きく広がったと考えなければなりません。知識とセンスがあれば誰もが簡単にできる仕事ではありますが、他のデザイナーと差をつけるためには、ユーザーにアピールできるだけの自分の強みを持っておく必要があります。ウェブデザインにおいては様々なソフトが開発され、オンライン上でも様々なテンプレートが転がっています。無料で使用できるものも数多く存在し、ほとんどの人はコストを抑えるためにそちらを採用しようとします。見た目のデザインだけで判断するのであれば無料のもので比較的クオリティの高いものが出来るからです。デザイナーとして副業を成功させるコツは、実際の数値にこだわって論理的な営業をかけることです。いくら素晴らしいウェブサイトを作り上げても集客が出来なければ意味がありません。逆に考えれば、それほどデザインにこることもなくシンプルなサイトを立ち上げたとしても、集客が多い方が ユーザーには感謝されます。デザイナーと名の付く副業のためついつい勘違いをしてしまいますが、自分を個性を商品にするものではありません。クライアントが何を求めているのかをきちんと把握して、その要望に行かに答えるかが重要となってきます。現在はクラウド化が進み、素人の人でもコンペに参加できる機会などがございますので、無料でチャレンジをしてみて自分の腕を試してみると良いでしょう。たとえ落選しても、採用されたものを参考にすることができます。