webデザイナーとして独立するまでに準備すること

webデザイナーとして独立するまでに準備すること

image

webデザイナーとして独立することを検討している方は、事前に準備をするべきことはたくさんあります。一番重要なことは、定期的に仕事をもらえるクライアントを見つけておくことになります。仕事がないと収入が0になってしまう場合もあるので、まずは仕事をくれるクライアントを見つけるようにしましょう。クライアントが見つからないという場合は、人脈を作ることから始めるようにします。人間関係が嫌で人脈は作りたくないという方もいますが、フリーランスで仕事をする上では人脈は重要な要素となり、独立をすると自宅での作業が多くなりますが、関わってくる人間が少なくなっていき、仕事の量にも大きく影響を及ぼします。仕事だけでなく、webデザイナーとしてどのように活動していくかなどの情報交換を行うことができます。人脈作りとしては、デザイナーのセミナーや交流会が行われていることもあるので、それらに積極的に参加すると良いでしょう。そちらに参加する時には、名刺を用意しておいた方が人脈として繋がりやすくなります。名刺には電話番号やメールアドレスを記載しておいたほうが、後で連絡がもらえるという可能性もあります。人脈を作る以外にも、クラウドソーシングサイトを利用して、仕事を受注することで実績を作ることができます。こなした仕事の案件はクラウドソーシングサイトの中で実績として残り、実績が多くなってくると、クライアントの目にも留まりやすくなり、仕事のオファーがくることもあります。そこからクライアントと契約を結んで定期的に仕事を貰えるようになるという可能性は十分にあるので、クラウドソーシングサイトを使うということも検討してみても良いでしょう。仕事をする上では、パソコンが必要となりますが、仕事に関する情報が外部に漏れないようにするためにも、セキュリティの面はしっかり対策しておくようにしましょう。また、仕事のデータを失わないためにも、バックアップ用のドライブを用意しておくと安心できるかと思います。webデザイナーの仕事にもよりますが、仕事のために適したパソコンを用意するというのも考えるようにします。仕事用としてハイスペックなパソコンを購入するという方もいるので、そちらも検討してみましょう。パソコンやセキュリティソフトなどの、環境作りも準備としては大事なことになっていきます。他にも独立した後の開業届や確定申告の知識も学んでおいたほうが良いでしょう。