どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

フリーランスのwebデザイナーにおすすめする資格

image
webデザイナーに関する資格があれば実務的な能力が高いと判断されますので多くの企業から求められる人材と言えます。

 

フリーランスのwebデザイナーにおすすめする資格ですが、まず最初に挙げたいのは株式会社ザーティファイが主催する民間資格のwebクリエイター能力認定試験です。
誰でも試験を受けられるものであり実務的な問題が多数ありますから能力と知識が直結する資格となっていまして、基本的なデザイン能力が試されます。
また比較的取得しやすい資格でもありますのでフリーランスの方に特におすすめになる資格です。

 

特定非営利活動法人エルピーアイジャパンが認定するHTML5プロフェッショナル認定資格もおすすめです。
HTML5、CSS3、Javascriptなどに関する知識の資格となりまして、webデザインを考える上で必要なものですし多くの方が取得したい資格として挙げられています。

 

特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が試験を管理するウェブデザイン技能検定は国家資格です。
webデザインのさまざまある資格のなかで唯一の国家資格となりまして、受験する検定の階級に応じて定年数の実務経験が必要となります。
実技試験と筆記試験の二つがあり幅広い知識と経験が問われ、多くの企業に認知されている資格になりますからフリーランスで働いている方には是非取得して欲しい資格です。

 

Adobe社公式認定資格のアドビ認定エキスパートも余裕があれば欲しい資格となります。
Adobe社に関する知識や技術を証明するための資格となっていまして、webでは広く使われているAdobe社製ソフトがありますから持っているだけで信頼性が違ってきます。
また一般的なデジタルソフトに関する実務的な知識なども必要となっており、ソフトを運用する能力も問われています。

 

このように国家資格だけではなくさまざまな民間資格もたくさんありまして、どれもが知識や実務の能力を証明してくれるものとなっています。
フリーランスで働くからこそ能力を証明してくれる資格は大切なものであり、webデザイナーとして認めてもらうために必要なものとなりますから、これらのおすすめの資格を取得してみると良いでしょう。