フリーランスwebデザイナーの営業方法

フリーランスwebデザイナーの営業方法

image

フリーランスで仕事をしようとする人は自分の技術に大きな自信を持っているに違いがありません。それはとても素晴らしいことでありますがただそれだけではフリーランスの仕事はできません。会社に勤めているサラリーマンであればそれぞれの部署でそれぞれのプロフェッショナルたちが力を結晶させ、その総合力で仕事を行い利益を出していきます。しかしフリーランスになれば本業の力とは別に、こなさなければならない業務が様々あります。その中でも最も重要な仕事が営業と言えるでしょう。本来クリエイターは自分の技術を磨くことに、懸命になるべきであり、仕事は営業部の社員がとってくるものであります。しかしフリーランスであればいくら自分の技術が優れていたとしても仕事が取れなければ収入も得ることができませんし、自分の力を披露する機会にも恵まれません。仕事の量を増やすためにも実績を積み信頼を重ねる必要があります。そのためにも営業方法というのはとても重要になってきます。とても大変な労働を強いられるように感じられるかもしれませんが webデザイナーの仕事を行うにおいては、フリーランスであるからこその強みを売りにすることができます。通常、会社と会社の取引においては細かな契約が書面で交わされ、そこに不備さえなければ多少クライアントが納得のいかないものが仕上がっていたとしても、代金は支払われる必要があります。しかしフリーで仕事をしている人間であれば、その点において比較的柔軟な対応ができます。一つ一つの仕事において上司に許可を取る必要がないので、求められた事項に対しその回答も迅速に行うことができます。スケジュールの管理も自分で組み立てることができますので、計画性をもって契約を行えば、ストレスフリーの環境で仕事に打ち込むことができるでしょう。このような点をクライアントに前面に押し出し、営業活動を行うと良いでしょう。また営業を勝ち取るには何と言っても実績がものを言います。現在様々な仕事がクラウド化され、誰もが大きな仕事にコンペといった形で自分の作品を出品することができます。これらはリスクゼロで行うことができるチャンスと捉えて間違いありません。たとえ落選したとしても、優秀な作品がどのようなものか閲覧することができますので自分の技術を磨くきっかけにもなるでしょう。それらと比較して自分のスキルと、それに見合う対価を設定し、クライアントに有利な条件を提示していくことが、仕事の実績を積み上げる第一歩となるに違いありません。