どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

フリーランスのwebデザイナーにおすすめするレンタルオフィス

image

フリーランスは好きな時間、好きな場所で仕事が出来るなどの魅力があります。
会社勤めをすると、会社の規則に従い業務を行う必要がありますし、自分がやりたい仕事以外についても業務命令が生じれば行う必要もあります。
例えば、webデザイナーはホームページのデザイン制作を手掛ける専門家でもあり、一般的なデザイナーとは異なりパソコンが仕事の武器になります。
パソコンにはデスクトップ型やノート型などの種類がありますが、ノート型のパソコンであれば場所を選ばずに仕事が出来るため、企業の中にはフリーデスクを採用し、自分が好きな場所で仕事が出来る環境を作り出しているケースも多くなっています。
しかしながら、企業の中で働くと言う事は、会社のルールに従う必要がありますし、自分がやりたい仕事もあれば、興味がない仕事でも業務命令などの理由からも、やらなければならないケースも少なくありません。
フリーランスとしての働き方は自由性がある反面、収入が安定していないなど、メリットとデメリットの狭間にある働き方と言えますが、webデザイナーの多くが、フリーランスとしての働き方で仕事を行っているケースがあるのです。
自由な場所で仕事が出来ると言っても、仕事を行うためのオフィス、机や椅子などを用意する、ネット環境や電話などを導入しなければならない、デザインを作り上げる中ではプリンターでの印刷も必要になるなど、仕事を行う事が出来る環境づくりには膨大な費用が掛かる事になります。
自宅を仕事場としているフリーランスのwebデザイナーも多くいますが、クライアントとの距離を短くしたい場合にはレンタルオフィスがお勧めです。
レンタルオフィスには机や椅子の他、ネット環境、プリンターやコピー機などのOA機器類、そして電話などが完備してあるので、借りた日から業務を開始する事が出来ます。
また、ノートパソコンを利用すれば、webデザインに必要なコーディング作業も行えますし、レンタルオフィスの中には個室空間とフリーアドレスの2つの種類があり、仕事の規模などに応じて空間を選べるメリットもあります。
ちなみに、フリーアドレスは空いているスペースを使って仕事を行う事が出来るもので、個室と比べるとレンタルオフィスの使用料が安い、隣に座っている人は、別の会社の人やフリーランスとして働いている人などであり、コミュニケーションを図る事で新たなビジネスパートナーとしての役割を持つ人との出会いもあるなどのメリットを持ちます。"