どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

フリーランスのwebデザイナーにおすすめするバーチャルオフィス

image

自分の能力を使い、自分のやりたい仕事を好きな時に好みの場所で仕事が出来るのがフリーランスの魅力と言えましょう。
デザイナーの中でもwebデザイナーとして活躍している人の多くはフリーランスとしての働き方をしているとも言われています。
webデザインの仕事はカスケードスタイルシートを使い、ページ内のレイアウトをコーディングする、動的なページなどの場合はアクションスクリプトを使ってプログラミングを行うなど、パソコンが必須です。
机と椅子、パソコン、そしてネット環境が最小限必要になるわけですが、好きな場所で仕事をするためには仕事場をどこにするのかを考える必要があります。
フリーランスとしてwebデザイナーの仕事をしている人の中には自宅の一室を仕事場としている人、クライアントから比較的近い場所にあるレンタルオフィスを借りて仕事をしている人などもいます。
自宅を仕事場にすれば家賃などが掛からずに済むわけですが、住所や電話番号などの情報が外部に漏れてしまう可能性もあるため、レンタルオフィスを利用するケースも多いのです。
しかしながら、レンタルオフィスは机や椅子、電話やネット環境が整っているので便利な反面、自宅を仕事場としているフリーランサーにとっては無駄な固定費を毎月支払う事になります。
レンタルオフィスは一般的な貸し事務所を借りる時に掛かる初期費用を節約出来る、初期費用には前家賃や保証金、仲介手数料などの入居に関わる必要の他に、机や椅子、コピー機を導入するためのコスト、電話やインターネットの回線工事などが必要になります。
その点、レンタルオフィスには予めこれらの設備が整っているので初期費用を削減出来るわけです。
最近は、バーチャルオフィスを利用する人も多くなっています。
バーチャルオフィスは住所と電話番号を借りる事が出来る新しいオフィススタイルであり、仕事場を自宅にしているフリーランサーが利用すれば、空間そのものはないので無駄にならない、しかも東京の一等地などにオフィスを構える事も出来るため、webデザイナーとしての注目を集めやすいなどのメリットもあります。
フリーランスとして仕事をする人も会社員と同じく名刺を製作するケースが多いのですが、名刺にはバーチャルオフィスの住所や電話番号を記載する事が出来ますし、名刺に記載してある番号に電話が入った場合でも、バーチャルオフィスのサービスを提供している会社が電話を転送してくれるので安心です。


フリーランスのwebデザイナーにおすすめするバーチャルオフィス

自分の能力を使い、自分のやりたい仕事を好きな時に好みの場所で仕事が出来るのがフリーランスの魅力と言えましょう。
デザイナーの中でもwebデザイナーとして活躍している人の多くはフリーランスとしての働き方をしているとも言われています。
webデザインの仕事はカスケードスタイルシートを使い、ページ内のレイアウトをコーディングする、動的なページなどの場合はアクションスクリプトを使ってプログラミングを行うなど、パソコンが必須です。
机と椅子、パソコン、そしてネット環境が最小限必要になるわけですが、好きな場所で仕事をするためには仕事場をどこにするのかを考える必要があります。
フリーランスとしてwebデザイナーの仕事をしている人の中には自宅の一室を仕事場としている人、クライアントから比較的近い場所にあるレンタルオフィスを借りて仕事をしている人などもいます。
自宅を仕事場にすれば家賃などが掛からずに済むわけですが、住所や電話番号などの情報が外部に漏れてしまう可能性もあるため、レンタルオフィスを利用するケースも多いのです。
しかしながら、レンタルオフィスは机や椅子、電話やネット環境が整っているので便利な反面、自宅を仕事場としているフリーランサーにとっては無駄な固定費を毎月支払う事になります。
レンタルオフィスは一般的な貸し事務所を借りる時に掛かる初期費用を節約出来る、初期費用には前家賃や保証金、仲介手数料などの入居に関わる必要の他に、机や椅子、コピー機を導入するためのコスト、電話やインターネットの回線工事などが必要になります。
その点、レンタルオフィスには予めこれらの設備が整っているので初期費用を削減出来るわけです。
最近は、バーチャルオフィスを利用する人も多くなっています。
バーチャルオフィスは住所と電話番号を借りる事が出来る新しいオフィススタイルであり、仕事場を自宅にしているフリーランサーが利用すれば、空間そのものはないので無駄にならない、しかも東京の一等地などにオフィスを構える事も出来るため、webデザイナーとしての注目を集めやすいなどのメリットもあります。
フリーランスとして仕事をする人も会社員と同じく名刺を製作するケースが多いのですが、名刺にはバーチャルオフィスの住所や電話番号を記載する事が出来ますし、名刺に記載してある番号に電話が入った場合でも、バーチャルオフィスのサービスを提供している会社が電話を転送してくれるので安心です。