どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

フリーランスのwebデザイナーにおすすめするコワーキングスペース

image

 

フリーランスのwebデザイナーは、自宅やカフェなどで作業をしがちです。
しかし、自宅やカフェだと事務所の賃料はかからないものの、仕事に集中できる環境ではありません。
周囲にある物や雑音が気になり、作業が遅れてしまいます。
かといって事務所を借りるのも、フリーランスのwebデザイナーには大きな負担です。
そもそも自宅やカフェなどで仕事をしていると、同じ業種やフリーで仕事をする人と交流することはできません。
一人で黙々と仕事に打ち込んでいたら、困ったことや悩みを相談できる相手もいません。
また、他の人と交流することにより、新たなアイデアが生まれたり、新規顧客の開拓にも繋がります。
人脈を広げていくことも、フリーランスとして働くときには大切なことです。
人脈を広げつつ集中した環境で仕事をしたいなら、おすすめなのがコワーキングスペースです。
コワーキングスペースとは、一般のレンタルオフィスとは違い、自分だけのスペースや設備を借りません。
自分専用のスペースとなるのは、デスク一つ分のスペースが基本です。
コピー機などの設備は、他の利用者と共有する形になります。
たとえるなら、一般的な会社のオフィスで、それぞれが全く別の仕事をしているイメージです。
コワーキングスペースの特徴は、利用者同士のコミュニケーションにあります。
仕事の休憩中に利用者同士で会話をしたり、交流会や勉強会など、様々なイベントも実施されています。
フリーランスが仕事に集中できる環境でありながら、コミュニケーションも同時にとれる環境なのです。

コワーキングスペースには、webデザイナーが多く集まるところもあります。
同じ職種の人々が集まる場所で仕事をすれば、疑問や悩みを相談できる相手も見つかりますし、人脈を作ることもできるでしょう。
また、webデザイナー向けの勉強会に参加すれば、新たな知識や技術を習得してスキルアップもできます。
一人で仕事をするより効率的に働け、様々なメリットも得ることができるのです。
フリーランスのwebデザイナーは、取引先とはメールなどで連絡を取り合い、普段は自宅などで一人で仕事をすると思いがちです。
しかし、一人で仕事をしているだけでは、やがて行き詰まってしまいます。
スキルを習得してさらにステップアップするため、人脈を広げて新しい仕事を手に入れるためにも、コワーキングスペースを積極的に活用して、これまで以上に効率的に働くようにしましょう。