どうしたらフリーランスwebデザイナーは生き残れるか

フリーランスWEBデザイナーのオフィス戦略記事一覧

自分の能力を使い、自分のやりたい仕事を好きな時に好みの場所で仕事が出来るのがフリーランスの魅力と言えましょう。デザイナーの中でもwebデザイナーとして活躍している人の多くはフリーランスとしての働き方をしているとも言われています。webデザインの仕事はカスケードスタイルシートを使い、ページ内のレイアウトをコーディングする、動的なページなどの場合はアクションスクリプトを使ってプログラミングを行うなど、...

フリーランスは好きな時間、好きな場所で仕事が出来るなどの魅力があります。会社勤めをすると、会社の規則に従い業務を行う必要がありますし、自分がやりたい仕事以外についても業務命令が生じれば行う必要もあります。例えば、webデザイナーはホームページのデザイン制作を手掛ける専門家でもあり、一般的なデザイナーとは異なりパソコンが仕事の武器になります。パソコンにはデスクトップ型やノート型などの種類がありますが...

webデザイナーという職業は決して年収の高いものではなく、全体の平均で言えば年330万円程度となっています。日本の他の職業と比較をしても低い方に入ってしまうものであり、更に世界を見渡せば最低レベルに安い水準となってしまうのです。一見すると誰でもできるわけではない仕事であるため、高給をもらうことができそうですがその一方でデザインというのは評価が難しい部分があるだけに、特に日本の考え方からすると評価を...

フリーランスのwebデザイナーは、自宅やカフェなどで作業をしがちです。しかし、自宅やカフェだと事務所の賃料はかからないものの、仕事に集中できる環境ではありません。周囲にある物や雑音が気になり、作業が遅れてしまいます。かといって事務所を借りるのも、フリーランスのwebデザイナーには大きな負担です。そもそも自宅やカフェなどで仕事をしていると、同じ業種やフリーで仕事をする人と交流することはできません。一...